カフェインレスコーヒーのメリットと効能について

体に良いコーヒー

カフェインレスコーヒーの意味は、簡単に言うと「カフェインを抜いたコーヒー」のことをいいます。もう少し詳しく説明すると、コーヒー生豆の段階でカフェインの成分を取り除いたものを「カフェインレスコーヒー」って呼びます。間違えられることも多い「デカフェ」や「ノンカフェイン」はカフェインレスコーヒーとはまた違うので、それらの意味についても説明していきますね。「デカフェ」は、カフェインレスコーヒーと同じく、元々カフェインが入っていたコーヒー豆の原料)からカフェインを除去したもののこと。「ノンカフェイン」は、全くカフェインが含まれていないものになります。カフェインレスコーヒーを飲む人を思い浮かべた時に、まず思い浮かべるのが妊婦さんだと思う方も多いですよね?妊婦さんがカフェインの過剰摂取をすると、お腹の中にいる赤ちゃんに何らかの影響を与える可能性があると言われてるんですよね。

妊娠中に気を付けるべき飲み物

そのため、妊娠中の女性で診療所でどうしてもコーヒーが飲みたい方は、カフェインレスコーヒーや、デカフェ・ノンカフェインコーヒーを利用してカフェインの摂取を抑えることが大事になってきます。デカフェはカフェインをほとんど含まないので眠りの妨げにならないし、珈琲を飲むと気になるトイレの心配も減らせます。カフェインを避けたい妊婦さんや、授乳中の方、またカフェインアレルギーをお持ちの方にも おすすめです。ただ日本では、カフェインを90%以上取り除いたものを「カフェインレス」と表示する決まりになっており、全くカフェインが含まれていないわけではないので注意が必要です。最近では、カフェインを97%カットしたコーヒー豆・インスタントコーヒーなどが販売されていて人気があるので気をつけて購入してもらいたいです。